--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.09.11

写真

今日は友達と色々とおしゃべりしていました。
何時間でも話していられるからこういう面は女って楽だ(●´∀`)人(´∀`●)ネーw

ちょこちょこ、共通の趣味である写真の話なんかもしていたのですが、
(私は最近あまり撮れていないけれど…;)
その友達も私もカラー写真が好きで、白黒はあまり好みません。
理由は、
「あまり考えずに撮ってもなんでも格好良く写ってしまう」
「同じような写真になってしまう(=独自の表現に欠ける)」。

でも、その友達の友達で白黒写真が好きな子はこう言うそうです。
「私は、カラーに頼らない私だけのCOLOR(表現)の写真を撮る」
「最近の蜷川実花(カラーの濃い色使いの写真を撮るカメラマン)ブームにのるような人とは違う」

この子の話を聞いているとなんだかよくわからなくなってきました。
じゃあ結局は自分を表現していると思っていたものは一方通行で、自己満足で、
写真なんて意味の無い物か?
良いと思う人だけが良いと思う。それで終わりか?
と。

友達と延々語ってしまいました…w
結論なんて出るはずもないとわかっていたけれど、
自分の気持ちを言葉にしないと不安だ...やっぱり。

友達はプロのカメラマンを目指しています。
まだ、何を撮っていきたいかとかは模索中のようです。
私は、どんな形でも写真やカメラに携われる仕事が出来ればいいなと思っています。

漠然としているけど、やっぱり写真が好きだという気持ちは
一生ものだと、自負しているのです。。。











この写真達に色がなくなってしまったら、
それは私の写真ではなくなってしまうということだから。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happyend.blog23.fc2.com/tb.php/2-63bc6df2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。